競馬で作った320万の借金を妻にばれずに返済する!

借金返済養成所

日常生活

久々の地震発生で蘇る思い

投稿日:

6月18日(月)7時58分普段よりも早い電車に乗り会社へ向かっていた。

 

休み明けで1週間の段取りをする為に普段よりも2本早い電車に乗り込みいつもと同じように電車内でブログ更新し、Yahooニュースを読んでる時の一瞬の出来事だった。

 

吊り輪を持っていなかったのもあり不意に“グラッ”とバランスを崩した瞬間だったのだがまわりのスマホから一斉に音が鳴り出した。

 

“ギュギュギュギュ♪”

 

どこか懐かしいメロディー?そう思った瞬間だった。

 

電車の真下から突き上げりれる衝撃と共に激しい揺れが始まった。

 

『地震や!』とまわりの人の声が響きわたる。

 

その瞬間に20年前に起きた阪神淡路大震災の事が頭をよぎった。

 

20年前の阪神淡路大震災の時は震源地付近に住んでおりモロにあの衝撃がいまだに身体が覚えている。

 

ただ心配なのは自分よりも家族の安否。震源地もわからないし規模もわからない。

 

子供は学校行ってる時間やし…地震発生時から電話は全く繋がらないし不安だけが残るがとりあえず会社へ向かう事に決めて歩きだした。

 

地震発生から数分後にYahooニュースみると広域地図とはいえ震源地の×と自宅付近が重なっている。

 

『家は潰れててもいいから家族は無事でいてくれ!(>_<)』

 

と何度も念を込めました。LINE電話しても妻は出ないし家には小さい下の子もいるし状況が掴めない。

 

その時妻から電話があった。

 

『子供も家も大丈夫!』

 

小学校もグランドで集まり安全確認とれたら下校との事で確認がとれた。

 

実家も今回の地震と阪神淡路大震災を耐えて何とか無事であり何よりだが余震が日中続いており油断はできない。

 

その日の帰りは電車機能も麻痺してとにかく人が溢れていたが、犠牲になった方に比べたら歩いて帰る行為は苦でもない。

 

私もニュースで報道されていたように歩いて帰宅しました。

 

帰路の道中は地震の恐怖より命の重さを改めて感じながら帰宅しました。

 

帰宅して家族の顔を見て安心しましたが余震が続く中で不安は消えません。

 

3日経ちましたがスーパーの陳列一部の品が不足しているコーナーもありました。

 

特に水やインスタント類は品薄でしたね。

 

実家も少し被害が出ていてたんですが落ち着いたんで何とかブログ復活!

 

職場の方も数名被害がヒドイ方がいたりとここ数日忙しいのですが皆で力を合わせて乗り切りたいなと思います。

-日常生活

Copyright© 借金返済養成所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.